投資全般・貯金・節約

【初心者向け】積立投資のはじめかた(リスクとリターン)

どうも。どうも。皆さんこんにちは。

きなぐみです。

積立投資をはじめたい後輩からこんな相談を受けました。

アイコン名を入力

投資信託で積立投資をするときは、日経平均株価に連動する投資信託に全額投資すればよいでしょうか?

アイコン名を入力

待て待て待て。少しだけ投資におけるリスクのお話を聞いてください。

アイコン名を入力

リスク!?

このお話は、以下のことがわかります。

  • 投資におけるリスクとリターンの意味
  • リスクとリターンの関係
  • リスク許容度について

順に見ていきましょう。それでは、どうぞ。

投資におけるリスクとリターンとは?

投資をするときは、リスクとリターンを無視することはできません。

では、リスクとリターンとは何でしょうか?

一般社団法人投資信託協会のWebサイトには、以下のとおり書かれています。

リターン:投資を行うことで得られる収益のことです。

リスク:「結果が不確実であること」を意味します。具体的には、リターン(収益)の振れ幅のことを指します。

一般社団法人投資信託協会のWebサイトより

リターンはイメージ通りだと思います。

しかし、投資のリスクは『危険』という意味ではありません。

リスクが大きい・小さいとは?

リスクが”大きい”や”小さい”とはどういうことでしょうか。

下のグラフは株式AとBの株価と時間の関係を表したグラフです。

株式Aの方が株価の振れが大きいですね。

先ほども述べたとおり、リスクはリターンの振れ幅のことです。

というわけで、株式Aの方がリスクは大きいということになります。

リスクとリターンは比例の関係

一般的に、リスクとリターンは比例の関係です。

 ・リスクが大きければリターンは大きい

 ・リスクが小さければリターンは小さい

このことは、グラフに表すとわかりやすいと思います。

代表的な資産のリスクとリターンの関係は以下のグラフのとおりです。

注)各資産のリスクとリターン一般的なイメージです。実際にはこのグラフと当てはまらない場合があります。

大きなリターンを追求すると、それに併せてリスクは大きくなり、損失も大きくなる。ということです。

ちなみに、数ある金融商品の中で”ハイリスク・ハイリターン”と”ローリスク・ローリターン”の金融商品はグラフを見れば存在することがわかります。

しかし、”ローリスク・ハイリターン”の商品はあり得ないということがわかります。もし、そのような商品の話を持ち掛けられた場合は、詐欺であると疑った方がよいでしょう。

あなたはどの程度のリスクに耐えられますか?

先ほども述べましたが、投資をするときは、リスクとリターンを無視することはできません。

ご自身が日常生活に支障をきたさない程度のリスクの度合いを考える必要があります。

つまり、ご自身のリスク許容度を考える必要があります。

リスク許容度とは何か。みずほ証券ウェブサイトにはこう書かれています。

リスクとは収益(リターン)の振れ幅のことですが、収益(リターン)がマイナスに振れてしまった場合、どれくらいまでならマイナスになっても受け入れることができるか、という度合いのことを「リスク許容度」といいます。

期待する収益(リターン)の最大値・最小値を並べると、大きなリスクをとれば、期待収益は高まりますが、その一方で損をする可能性もあります。

一方、場合によっては期待以上に利益が出る可能性があることが分かります。

リスク許容度とは、「どれくらい投資元本がマイナスとなっても生活に影響がないか」「どれくらいまでなら投資元本がマイナスとなっても気持ち的/気分的)に耐えられるか」というものです。

みずほ証券Webサイトより

具体例で説明すると、保有資産1,000万円のAさんは、40%までならリスク許容度の範囲内と考えていたとすると、ある日、資産が1,000万円から600万円になるということです。

リスク許容度の決定は、個人の投資に対しての考え方やライフスタイル、そして現在の保有資産の総額を考慮しながら決める必要があります。

例えば、以下のような考え方や家庭環境の人がいると思います。

  • 投資とはいえ、自分のお金で損はしたくない。
  • 投資をしているのだから保有資産が半額になっても構わない。
  • 今は子供の教育費を貯めたいので、投資にまわせるお金は少ない。
  • 独身なので自分のお金は自由に使える。

また、保有資産が1億円を超える人の資産が40%下落した場合と保有資産が100万円の人が40%下落した場合を比べたら、明らかに後者の人が日常生活が苦しくなるでしょう。後者の人は40%もリスクをとることは無謀と言わざるを得ません。

以上のことから、リスク許容度を検討する際には、保有資産、給与、配偶者の収入、子供の教育費、今後のライフイベント等々を考慮しながら、どれだけリスクをとれるのか考えてみる必要があるでしょう。

まとめと終わりに

では、まとめます。

・投資でのリターンは収益で、リスクはリターンの振れ幅である。

・リスクが大きいということは、リターンの振れ幅が大きい。

・リスクとリターンは比例関係であり、リターンを求めれば求める程、リスクも高くなる。

・リスク資産が何割減少しても心穏やかに投資を続けていけるのか、ご自身のリスク許容度を考える必要がある。

・リスク許容度の決定のために、現在の家庭環境や今後のライフイベント等を考える必要がある。

以上ございます。

ひつじさん

ありがとうございます!!私もリスク許容度を考えてみます。ちなみにきなぐみさんのリスク許容度を教えてもらえませんか?

アイコン名を入力

私は積立投資をはじめたばかりのときは、リスク許容度は30%で設定していました。保有資産が少額であったためリスク資産を控えめにして、現金を多めに保有しておりました。

現在のリスク許容度は50%でしょうか。リスク資産の保有資産額が50%減少しても積立投資を続けられますね。

いかがでしたでしょうか?

最後になりますが、投資は自己責任でお願いいたします。

それでは次回のお話もよろしくお願いいたします。

ABOUT ME
きなぐみ
40代、妻と子供3人の5人家族の普通の会社員です。老後に不安を感じ2010年からインデックス投資を始めました。このブログでは投資をメインとしつつ日々の生活について思いついたことをお話したいと思います。 Twitterはじめました!よろしくお願いします!!