投資全般・貯金・節約

【初心者向け】積立投資のはじめかた(証券口座の開設)

どうも。どうも。皆さんこんにちは。

きなぐみです。

積立投資をはじめたい後輩からこんな相談を受けました。

うさぎさん

老後が不安なので、積立投資をはじめようかと思っています。

投資信託はどこで買えるか教えてくれませんか?

きなぐみさん

投資信託は、以下の場所で買えますよ。

このお話は、以下の人にオススメするお話です。

  • 積立投資をはじめてみたい人
  • 開設する口座は、対面で販売を行っている金融機関かネット証券のどちらかで迷っている人
  • どのネット証券の口座を開設するか迷っている人
  • くさび形貯金(投資)をはじめて聞く人

それでは、どうぞ。

投資信託はどこで買えるの?

投資信託は以下の場所で買えます。

  • 銀行
  • 郵便局
  • 証券会社

金融機関と呼ばれる場所ですね。

うさぎさん

えっ!?郵便局や銀行でも買えるんですか!!じゃあ近所の凸凹銀行に行ってみようかな。

きなぐみさん

まっ待ってください!!とりあえずは、説明だけでも聞いてからにしてください。

対面販売による金融機関での注意点

低コストのインデックスファンドのラインナップが少ない

銀行や郵便局では、低コストのインデックスファンドのラインナップが少ない可能性があります。取り扱っていないケースも考えられます。

今では、iDeCoやNISAの普及でラインナップは改善していると思いますが、私が投資をはじめた10年以上前は、低コストなはずの日経平均連動のインデックスファンドが高コストでした(;^_^A

このお話での”コスト”とは、運用管理費用(信託報酬)のことをいいます。

運用管理費用(信託報酬)とは、投資信託を保有している間、投資信託の保有額に応じて日々支払う費用のことです。投資信託の信託財産から間接的に支払われます。

不要な金融商品を勧められる可能性がある

対面の証券会社や銀行・郵便局で投資信託を買おうとすると窓口の販売員から個人投資家の利益とはならない不要な金融商品を勧められる可能性があります。

たとえば、高コストの毎月分配型の投資信託などです。

“いりません”とハッキリお断りできるのであればよいのですが、断る自信がなければ、対面の金融機関は避けたほうが良いと思います。

ちなみに、私も投資をはじめる前に地元の地銀の窓口で定期預金の話を切り出した途端に、高コスト毎月分配型の投資信託の購入を勧められました。(;^_^A

”家でゆっくり考えます”と行員に伝え帰宅し、今でもゆっくりと考えたまま十数年が経過しています(笑)

ネット証券のメリット、デメリット

うさぎさん

窓口でイロイロ言われたら、断りにくですね・・・

ネット証券の方が自分には合っているかもしれません。

ネット証券のメリットとデメリットは何ですか?

メリット

低コストのインデックスファンドが充実している

新設されたファンドについて、購入開始日に購入することができます。

各種手数料が安い

➁対面による大手証券会社と比べて各種手数料は安く設定されています。

ノーロード投資信託の数は多いです。

ノーロードとは、投資信託の購入時手数料が無料のことをいいます。

購入時手数料は、購入時に証券会社等に支払う費用のことです。

現物株式の購入手数料は安いです。株式投資、ETFやREITの購入も考えている人にとってはおススメです。

無駄な勧誘等はありません

販売員と会う機会はないので、個人投資家にとって無駄な商品を勧められる心配はありません。ご自身のペース検討して納得したら購入することができます。

デメリット

トラブルや質問があってもカスタマーセンタ―等に電話やメールをして解決しなければならないことです。

電話はつながらないこともあります。メールもすぐに返信があるわけではありません。

その点、対面営業の金融機関であれば、最寄りの店舗に行けば従業員が必ずいるので、その場で解決できる事項は多いでしょう。

注意点でも触れましたが、店舗に行くからには何かしらの不要な商品は勧められるものと思っておきしょう。

どんな証券会社あるの?

うさぎさん

わかりました!!デメリットを理解しつつネット証券の口座開設を考えてみます!!!大手の証券会社ってあるんですか?

今は他の証券会社も大手に含まれるのかもしれませんが、”大手ネット証券”といえば、私は以下の5社を挙げておきます。

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • auカブコム証券
  • 松井証券

ただ、このブログでおススメしたい証券会社は、SBI証券、楽天証券、auカブコム証券の3社です。

なぜこの3社がおススメかといえば、くさび形貯金(投資)ができるからなのです。

くさび形貯金(投資)のススメ

くさび形貯金(投資)とは、年齢が若い世代は貯金をメインで行い、同時に最低限の金額で積立投資を行うことができる貯金と投資の投資方法です。

くさび形貯金(投資)を可能とするためには、ネット証券と提携しているネット銀行の口座を同時開設します。証券口座と銀行口座のリアルタイム入金設定等を行うなどの一定の条件を満たすと特別金利が適用されます。

これで、投資の経験もできてネット銀行の高金利も得ることができます。

そのネット証券とネット銀行の組み合わせは以下のとおりです。

  • auカブコム証券+auじぶん銀行
  • 楽天証券+楽天銀行
  • SBI証券+住信SBIネット銀行

詳しくは以下のお話で説明しています。

貯金と投資はくさび形。投資をしながらネット銀行の高金利をゲットしよう。 どうも。どうも。皆さんこんにちは。 きなぐみです。 私はインデックスファンドを中心とした積立投資を、2010年2月から行っ...

どの証券会社がいいの?

上記の三つの証券会社でどこがおススメかというと、どこでもよいと思います。

楽天経済圏を利用している方は、そのまま楽天証券がよいでしょう。

Pontaポイントを保有していて、au回線・UQ mobileを利用している方はauカブコム証券へ。

Tポイントを保有していて、色々金融商品取り扱っている証券会社がよいのであれば業界最大手のSBI証券。

あとは、皆様の好みの問題かと思います。

まとめ

最後にまとめです。

a)投資信託を購入する場合は、対面の金融機関ではなく、ネット証券を利用すること。

b)おススメネット証券とネット銀行は、auカブコム証券+auじぶん銀行、楽天証券+楽天銀行、SBI証券+住信SBIネット銀行のいずれか。

c)あとは、くさび形貯金(投資)をおこなうだけ!!

ちなみに、私は3社を含めて複数のネット証券会社の口座を開設していますが、勧誘の電話は一切ありません。安心して口座開設準備をしてください。

うさぎさん

わかりました!!ネット証券の口座開設を検討してみます!!!

以上でございます。

口座開設の際には、必ず各社公式Webサイトで内容を確認いただき、納得のうえで手続きをお願いします。投資は自己責任でお願いいたします。

それでは次回のお話もよろしくお願いいたします。

ABOUT ME
きなぐみ
40代、妻と子供3人の5人家族の普通の会社員です。老後に不安を感じ2010年からインデックス投資を始めました。このブログでは投資をメインとしつつ日々の生活について思いついたことをお話したいと思います。 Twitterはじめました!よろしくお願いします!!