投資信託・積立投資

【積立投資】月例報告(2024年6月)&【分散投資】企業等の運用損失から学ぶべきこと

皆さんこんにちは。

きなぐみです。

私はインデックスファンドを中心とした積立投資を、2010年2月から行っております。

このたび、2024年6月分(174回目)の投資信託の積立投資を行いました。

この記事は、、、

きなぐみ

前半は、2024年6月分の積立投資の結果報告及び積立てている投資信託を公開しています。
後半は、農林中央金庫が債券運用の失敗を原因として、赤字の見通しとなるお話を紹介するとともに、分散投資の大切さを改めてお話しています。

それでは、どうぞ。

月例報告(2024年6月分)

毎月積立てている投資信託から確認していきます。

毎月積立てている投資信託

毎月積立てている投資信託は以下のとおりです。

  • DCニッセイ外国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • eMAXIS Slim 国内リートインデックス
  • eMAXIS Slim 先進国リートインデックス

1つの投資信託で全世界の株式に投資できるeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を軸に、国内外のリートのインデックスファンドを積立てています。

2024年からはじまった、新NISAに併せて積立てる投資信託を一部変更しました。

詳細はこちら↓をご覧ください。

純資産総額は?

純資産総額の増加は、投資信託の運用を安定させるために必要不可欠な要素です。

参考として、現在私が積立てている投資信託の純資産総額を確認します。

以下のとおりです。

国内のリートとひふみプラスの純資産総額がダウンしました。

全ての投資信託の純資産総額が増え続けるわけではありません。

来月は、各投資信託の純資産総額が増加していることを期待します。

なお、純資産総額の確認対象に、ひふみプラスも加えています。

理由は、現在ひふみプラスの積立ては行っていませんが、保有していること。

そして、純資産総額の増え方がインデックスファンドと相違があるのかを確認するためです。

しかし、一番の理由は、私の性格上、ブログ等で定期的に確認しない限り放置され続ける可能性があるためです。

今後の積立商品は?

私も、株価下落や純資産総額の減少を恐れることなく、上記投資信託を積立てていきます。

きなぐみ

これからも低コストのインデックスファンドをひたすら積立てていきます!!

分散投資 企業等の運用損失から学ぶべきこと

私の地元の新聞記事に、農林中央金庫が米金利高により債券運用の損失が膨らみ、2025年3月期は赤字の見通しとなることが書かれていました。

農林中央金庫が運用する資産は、2024年3月末で約56兆円に上るそうです。

その内訳はというと、外債が42%を占めるのに対し、株式はわずか2%。

通貨構成でもドルが全体の52%を占めるのですから、アメリカ寄りの運用を行っていたことになります。

リーマン・ショックでの株安を教訓として、安全資産と言われる債券運用を行っていましたが、アメリカの金利の引上げに伴い、債券価格が下落し、農林中央金庫の損失が膨らみました。

株式の保有割合も低いため、日経平均株価等の株高の恩恵も受けれません。

これらのことから、我々個人投資家ができることは、保有資産の分散の徹底

これに尽きるでしょう。

株式と債券、日本と海外というように、資産や投資先を偏りなく分散させてしまえば、株価の急激な下落に見舞われたとしても、被害を最小限にとどめたり、下落からの回復も比較的早いことが期待されます。

では、具体的にはどのような資産の配分がよいのでしょうか。

これに関しては、各投資家の収入やライフスタイルで差が出ますので正解はありません。

ただ、ヒントはあります。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のポートフォリオです。

年金積立金を管理・運用している機関ということなのでしょうか。ポートフォリオは国内外の株式と債券で構成されており、複雑な仕組みの金融商品は組入れていません。

投資をはじめたばかりの人や、自身のポートフォリオが決まっていない人は、GPIFのポートフォリオを参考にしてみるのもよいのではないでしょうか。

最後に

今回は、オルカンを擁するeMaxis Slim シリーズの投資信託でも純資産総額が減少するケースが起こりうることが分かりました。

また、農林中央金庫の運用損失から、確実に安全な資産は存在しないことも分かりました。

これらのことから、我々個人投資家は以下のことを肝に銘じて投資を行わなければなりません。

安全な金融商品は存在しないので、保有する資産の分散を徹底する。

最後に、今回のお話は、投資等の判断の参考としての情報提供を目的としたものです。投資等の契約や運用で損失をこうむった場合は自己責任でお願いいたします。

それでは、次回のお話もよろしくお願いいたします。

↓最後まで読んでくださりありがとうございます。よろしければポチっとクリックをお願いします。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 投資の豆知識へ
にほんブログ村
ABOUT ME
きなぐみ
40代、妻と子供3人の5人家族の普通の会社員です。老後に不安を感じ2010年からインデックス投資を始めました。このブログでは投資をメインとしつつ日々の生活について思いついたことをお話したいと思います。 Twitterはじめました!よろしくお願いします!!