株主優待

【株主優待】プロシップから株主優待が届きました。気になる中身をご紹介します。

どうも、どうも。皆様こんにちは。

きなぐみです。

私は、インデックスファンドを毎月積立てる、いわゆるインデックス投資をメインで行っているのですが、優待品をゲットする目的で個別株投資も行っております。

今回は、株式会社プロシップから株主優待が届きましたので、簡単ではございますがご報告します。

それでは、どうぞ。

企業名

株式会社プロシップ(3763)

権利確定月

3月末日です。

優待内容

➀ 100 株以上保有(3年未満) 1,000 円分のQUOカード
➁ 500 株以上保有(3年未満) 2,000 円分のQUOカード
③ 100 株以上保有(3年以上) 2,000 円分のQUOカード
➃ 500 株以上保有(3年以上) 3,000 円分のQUOカード

6月23日に届きました。

写真は、1,000 円分のQUOカードです。

私は、➀番に該当します。

保有年数に応じて優待品がグレードアップすることは、長期保有に対する動機付けにもなりますし、個人的には評価しています。

事業内容等

主な事業内容等は以下のとおりです。

事業項目:パッケージシステムの開発・販売

事業概要:固定資産・リース・賃貸借契約管理等を中心とした会計系、および販売管理等のProPlusシリーズの開発・販売、およびコンサルティングとカスタマイズを行っています。

プロシップ公式Webサイトより

また、株主優待に同封されていた株主通信より、売上高等は以下のとおりです。

売上高は6,689百万円(前年同期比25.0%増)。営業利益は2,205百万円(前年同期比28.2%増)

プロシップ株主通信より

売上も営業利益も前年比を上回っています。

その要因としては、株主通信には以下のとおり書かれております。

固定資産管理ソリューションにおいて、既存顧客に対する当社新製品へのバージョンアップ対応やインフラ業界における大型案件推進等、上場大企業や中堅企業の業務効率化や経営管理強化等に資するソリューションを展開し、顧客のシステム投資需要に応えてまいりました。

プロシップ株主通信より

顧客に対する丁寧な対応が売上に繋がったのでは?と推察します。

ひつじさん

ソリューション・・・?!

きなぐみさん

ソリューションとは、問題を解決するという意味です。ビジネス分野で使われたりします。

また、マネックス証券の銘柄スカウターによると、自己資本比率82.4%、流動比率672.1%と財務的に問題ないと思いますし、実績配当利回りも3.12%です。

最後に

私は、2022年2月から保有しています。今回が初取得です。

先ほども述べましたが、保有年数に応じて優待品がグレードアップすることは、長期保有に対する動機付けにもなりますし、個人的には評価しています。

QUOカードは使用期限もありませんので、有難いカードです。

高配当かつ優待ありの銘柄ですね。このような銘柄は、株主優待が廃止となっても高配当であることが継続保有の動機付けになります。

以下関連するお話です。

【株主優待】 株主優待の廃止。個人投資家が考えなければならないたった1つのこと。企業が、株主優待廃止を発表した際に個人投資家は何を検討すればよいか、自身の経験を踏まえてお話します。二択しかありません。...

投資は自己責任でお願いいたします。本ブログで得た情報をもとにして投資を行い、損失を生じても本ブログ管理人は責任を負いません。

それでは次回のお話も、よろしくお願いいたします。

ABOUT ME
きなぐみ
40代、妻と子供3人の5人家族の普通の会社員です。老後に不安を感じ2010年からインデックス投資を始めました。このブログでは投資をメインとしつつ日々の生活について思いついたことをお話したいと思います。 Twitterはじめました!よろしくお願いします!!